ひとたらしコラム

ぴったり人材を見極めながら、相手の入社意欲を高める選考をする3

―鉄は熱いうちに打て― 今回は、入社意欲を高める選考のオペレーションのついてお伝えしていきます。 ポイントはズバリ、回数×タイミング×丁寧さ です! あなたの会社にあまり興味がないところから、相手をその気にさせる採用活動を進めるとなると、 1度だけ社長が面接して入社までこぎ着ける のは難しいと思います。 どんな形でもよいのですが少なくとも2回、できれば3回以上なるべく複数人体制で求職者と接触することをおススメします。 接触回数と人数が増えるにつれ、お互いの理解が深まり相手の「入社したい」という気…続きを読む

ぴったり人材を見極めながら、相手の入社意欲を高める選考をする2

―対話を通して「本音」を引き出す― 今回は、ぴったり人材を見極める面接方法についてお伝えしていきます。 採用選考の手法は色々あれど求職者と会って話もせずに採用を決めるという会社はあまりないのではないかと思います。 そんな今でも採用の根幹をなしている面接ですが 一番のポイントは対話を通して本音を引き出すこと 前回のメルマガでもお伝えした通り目の前の求職者が、「本当に」自社にとってのぴったり人材なのか見極める材料を引き出さなくてはなりません。 ある程度の大人であれば「言葉」では何とでも言えるものです…続きを読む

ぴったり人材を見極めながら、相手の入社意欲を高める選考をする1

―相手の素の状態を引き出す方法を考える― 今回からは、ぴったり人材を見極めながら、相手の入社意欲を高める選考をする方法についてお伝えしていきます。 採用時に行う選考といえば皆さんは何を思い出されるでしょうか? まずは「面接」と思われた方が多いのではないでしょうか。 他にも、「履歴書や職務経歴書の書類審査」や「筆記試験や適性検査」などもよく行われる選考ですよね。 その昔、私が学生時に就職活動していた頃は面接といえば、選考が進むにつれ、ずらっとお偉方が並び気難しそうな顔をされながら、裁判のように!?…続きを読む

入社したくなる会社説明をつくる3

今回は実際に声に出して会社説明をする際のポイントについてお伝えしていきたいと思います。 1つ目のポイントはズバリ話し手の印象を「感じよくする」です。 いくら話の内容が良くて、魅力的でもそれを語る人の印象が「感じ悪い」と、人はその話を受け入れようとしないしましてや、その人と一緒に働きたいとは思わないものです。 例えば、すごく美味しい料理が食べられたとしても接客対応があまりにイマイチだと、続けて行きたいレストランにはならなかったという経験が私にも何度かあります。 もちろん人には個性がありますし何をも…続きを読む

入社したくなる会社説明をつくる2

―「最初のつかみ」と「会社選びのモノサシ」― 今回は内容を組み立てる方法についてもう少し具体的にお伝えしていきたいと思います。 まず、皆さんにご質問ですが何かの説明や案内、他人の話を集中してどれくらいの時間聞くことができますか? 1時間ですか?30分ですか?学生時代の授業を思えば、45分はいけますか?? 私の体感からいうと、皆さんがターゲットの若者にきちんと説明を聞き続けてもらえる時間はおそらく、10~15分くらいが限界だと思います。 特に若者の反応は正直で、こちらがどれほどメリハリ効かせて熱く…続きを読む

1 2 3 4 5 6 7