ひとたらしコラム

入社後すぐに職場になじませる工夫を用意する1

―自ら「育ちたい」と思える会社への愛着心を育む―

今回からは、ひとたらしメソッド3rdステップ
つかんだぴったり人材を「育てる」方法について
お伝えしてきたいと思います。

今日はその第1歩、
入社後すぐに職場になじませる工夫を用意する方法
についてです。

個人的な見解ですが、日本人の特性なのか!?

「私、誰とでもすぐに仲良くなれます」

という人より

「私、人見知りなんです」

という人の方が圧倒的に多い気がします。

私自身は、持って生まれた性格と、
子供の頃から環境の変化が大きかったせいか

どこに行っても、「10年前からいるみたいだね」
と言われるふてぶてしさがあるようなのですが(_;

そんな私でも、新たな会社に就職・転職するときは
いつも不安や緊張を抱えていました。

若手社員の退職理由の中でも「人間関係に問題があった」
とあげる人が多く、どんなに能力の高い人でも
上手に人間関係が構築できないと、
その力を発揮することは難しいのだと感じます。

特に、受け身傾向が高いイマドキの若者は、
目上の世代とうまくコミュニケーションを
とることが難しいともいわれています。

前回のブログの内容とも重なりますが
「育てる」土台にのせる、出だしの「入社日」
の新入社員の迎え方は、とても重要です!

ポイントは、安心感とウキウキ感を与えること。

「この会社に来てよかったな!」と初日に
思ってもらえることが何より大切です。

例えば、朝礼や全体社員の前での紹介の仕方。

ただ、名前を紹介して
シーンとした雰囲気の中、緊張いっぱいで通り一遍に

「●●です。宜しくお願いいします」

とだけ挨拶させても、何の特別感も歓迎感もないような気がします。

そんなときは社長自ら、どんな思いで採用したのか、
何を評価し、期待しているのか
新入社員のパーソナリティや多少の個人情報を交えてポジティブに紹介すると、

新入社員も嬉しいでしょうし、聞いている他の社員も
興味関心がわき、後々あいさつや話を交わす際に
会話のとっかかりがつきやすくなると思います。

所属部署や業務内容を記載した辞令を用意する会社もあります。

せっかくだったら、セレモニー風に皆の前で渡すのも
良いかもしれません。

私が社会人のスタートを切った、リクルートという会社では
座席の上に、新入社員の顔写真、名前、メッセージが
デコレートされた手作りの歓迎の「垂れ幕」を
天井からぶら下げるのが習慣とされていました。

自分の大きな顔写真と名前がゆらゆらとはためくのは
かなり恥ずかしかったですが(^^;)

社内で知らない人からも「新人の尾川さんだよね!」
と声をかけてもらえたのも嬉しかったですし

一生懸命垂れ幕を作ってくれた同僚にも
感謝の気持ちが湧きました。

今はコロナの影響で難しいとは思いますが
入社早々に、歓迎会を開くのもおススメです。

大規模でなくても良いので、他の社員とつながりをもって
会社や同僚への愛着心を育てることが

「この会社で、この仲間達と頑張って役に立ちたい!」と

自ら「育ちたい」という気持ちを高めてくれます。

人と人が関心を持ち合い、互いに協力しようとする組織は強いです。

手間やコストはかかりますが、こういった風土づくりは
社員の定着や教育に大きな効果を産み出しますので
ぜひ取り組んで頂きたいと思います。

★いつも心に、びりーぽ!ビリーポ!ビリーブポテンシャル!★

記事一覧

その他の「ひとたらしコラム」

もっと見る