ひとたらしコラム

若者に合わせた採用広報ツールを整備する2

―次にビジュアル、そしてリアル―

今回は、スマホサイト等の採用広報ツールを使って
どんな情報を発信していくのかについて
考察していきたいと思います。

例えば会社のホームページの採用情報や
独自の採用サイトに載せる情報として

会社案内(会社概要)
仕事内容・職種紹介
社員紹介
社長メッセージ
求人情報(募集要項)

があげられます。

文章や図表、写真などを使って
表現していくわけですが

とりわけ重要なのが「写真」です。

目は口程に物を言う

という諺がありますが、
活字離れが進み、ITツールに子供のころから
慣れ親しんできた若い層には

ビジュアルで訴えることがとても大切です。

どんなに、言葉や文章で会社のPRしても
それを裏付けるビジュアルがなければ
「本当にそうなの?」
と疑われるといっても過言ではありません(笑)

たとえば、「風通しがよく、明るい社風です!」
と言葉では言っておきながら

笑顔もなく、背景も暗い社員の集合写真を
載せていては、全く説得力に欠けてしまいます。

今時、サイトを閲覧するときに、
細かい字をツラツラ初めから読む人は稀で

ぱっと目に飛び込んできた、社員の笑顔の写真を見て

「この会社、なんか感じ良さそうだな!」

と興味が湧けば、詳しく内容を見てみる
という人も多いのかもしれません。

ですので、採用広報ツールに載せる
写真やビジュアルには、ぜひこだわって頂きたいと思います。

できれば、プロのカメラマンに撮影してもらうのが
良いとは思いますが、
最近はスマホカメラの精度も良くなっているので
社内で写真撮影が得意そうな人に頼んで
とってもらった写真をのせても良いと思います!

かくいう私も、元広告業界で媒体の原稿作りに
従事していた経験を活かして!?
間に合わせではありますが、
クライアントの仕事風景、社長や社員の撮影に
チャレンジしました(笑)

その一方で、モデルに無理やり笑顔を作らせたり
修正や加工も施して、あまりにも作りこみすぎた
写真ばかりを掲載するのも考えものです。

なぜなら、嘘っぽく映ってしまうからです。

イマドキの若者の、写真に対する目は肥えています。

彼らが求めているのは、あくまで「リアル」な情報です。

自分がその会社で働くイメージが持てるか。
そして、その情報に嘘がないか。

このあたりのバランスを考えながら
採用広報ツールづくりに取り組んで頂ければと思います。

★いつも心に、びりーぽ!ビリーポ!ビリーブポテンシャル!★

記事一覧

その他の「ひとたらしコラム」

もっと見る