ひとたらしコラム

若者を惹きつける会社の魅力をみつける1

―相手に響くあなたの会社の魅力とは?―

前回までは、このメソッド全体の根幹をなす
「ぴったり人材をみつける方法」についてお伝えしました。

当然ながら、採用というのは結婚と同じで!?
こちらの片想いでは成り立ちません(_;

ターゲットとなるぴったり人材にも
「この会社に入って、一緒に頑張りたい!」
と両想いになってもらわなければならないのです。

そのためには、相手を惹きつける「魅力」が必要です。

よほどの大企業でない限り、求職者はあなたの会社を
ほとんど知らないというのが現実でしょう。

そんな中で

1 まず存在を知ってもらい
2 興味を持ってもらって
3 段々好きにならせて
4 口説き落とす

というプロセスをつくっていくために

相手が魅力に感じる情報を、こちらから発信する必要があります。

ポイントは、「あなた」ではなく「相手」が魅力に感じることは
何なのかを意識するということです。

好みの女性に振り向いてもらいたくて

「俺は大企業に勤めていて年収も高いよ!グルメで良い店もたくさん知ってるから
 今度高級イタリアンにでも行って、美味しいワイン飲もうよ!」

とPRしても

「え? 大企業って出世競争大変じゃない?
 しかも私、お酒飲めないの。
 わざわざ高いお金出して外食に行かなくても
 家でレトルトソース使って、2人でワイワイ一緒にパスタ作れたら楽しいな!」

というのが彼女の本音だったら、
これでは振り向いてもらえなさそうですよね!?

確かに「大企業に勤めている」「年収が高い」「グルメ」というのは
強みでありPRポイントになりうることです。

でも、相手にとってその魅力が響かないのであれば
相手に伝わる言い方に変えるか、
違う魅力を伝える必要があります。

そのためには、まず「相手を知る」ことが大切です!

若者を採用するためには、その「若者に」ついて知ることが
重要です。

イマドキの若者って?

働く上で何を重視するのでしょうか?

次回は、そんなイマドキの若者について考察していきたいと思います。

★いつも心に、びりーぽ!ビリーポ!ビリーブポテンシャル!★

記事一覧

その他の「ひとたらしコラム」

もっと見る